猪熊弦一郎のおもちゃ箱

猪熊弦一郎は昭和期を代表する洋画家の一人。「絵を描くには勇気がいる」が口癖だった猪熊は、具象から抽象へ、更に両方が融合した形態へ、常に新しいものに挑戦し続けた画家である。(NHK人物録より)

しばらく前のことですが、書店でふと目がとまった「猪熊弦一郎のおもちゃ箱:やさしい線」を購入しました。作品集なので、初めはぱらぱらカラー図版を眺めていたのですが、合間に挟まれている文章が思いのほかおもしろく、最初から最後まで読んでしまいました。

ぺリアン夫妻や藤田嗣治など名だたるアーティストとのエピソードもどれもほのぼのしていて、「猪熊さん」の人柄が伝わってきます。

帰宅してびっくりしたのは、自宅にもう一冊あったことでした。

「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 (MIMOCA)」に想いを馳せる、コロナ禍のきょうこの頃です。

投稿者: Naho KONOIKE

大学の研究室で脳の研究をしています。このサイトでは、研究活動の紹介とともに日々感じたことなどを綴っています。このサイトのコンテンツは個人の見解であり、所属する機関とは関係ありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中