二笑亭奇譚

以前ご紹介した精神科医の式場隆三郎(1898-1965)は、現在はアウトサイダー・アートとよばれる作品たちを日本で先駆けて見出し、評価した存在でもありました。

式場は東京・深川に建てられた奇怪な個人住宅である「二笑亭」に興味をもちました。建築を取り仕切った主人は1936年に精神科病院に入院し、二笑亭は取り壊されることになります。式場らは解体前にこれを調査し、1938年に調査資料を「二笑亭奇譚」としてまとめました。

わたしの蔵書は1956年に三笠書房から出版された「二笑亭奇譚」です。価格が130円と表記されていることにも時代を感じます歴代の本も、それぞれ装幀がすてきですね。

2020年2月には、新装版「二笑亭奇譚」が中西出版から発売されました。

投稿者: Naho KONOIKE

大学の研究室で脳の研究をしています。このサイトでは、研究活動の紹介とともに日々感じたことなどを綴っています。このサイトのコンテンツは個人の見解であり、所属する機関とは関係ありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中